NEWS

INTRODUCTION

INTRODUCTION

「二十世紀電氣目録」とは

明治、大正、昭和、平成……
時代は変わる。
でもは変わらない。

第8回京都アニメーション大賞奨励賞受賞作――。

時は明治時代。二十世紀を迎えたばかりの日本?京都。
西洋文化が馴染み始め、街に電気の明かりが灯りはじめたその時代。
和と洋。過去と未来が入り交じる不可思議な時代。
そこには決して歴史には語られない、
その時代を確かに生きた市井の人々がいた。

これは戦争でも、政治でもない。
あの時代。歴史には残らない、どこかにあった恋のひとつ。

STORY

STORY

あらすじ

覚えていてほしい。
誰かが灯したから光がある。

「うちと一緒に死んで、極楽浄土に連れてってくれる?」

明治四十年。夏。京都伏見に住む百川稲子ももかわいなこは、何をやっても上手くいかず、父親に叱責される毎日。彼女にとって唯一の救いは、神仏に祈り信じることだけだった。ある日いつものように伏見稲荷で手を合わせていると、「見えへんもんは信じひん」と吐き捨てる自由奔放な少年?坂本喜八さかもときはちと出逢った。彼は神仏を否定し、これからは電気の時代だと豪語する。

そんな折、稲子に突如結婚の話が持ち上がる。父の一方的な決定に、しかし自分の価値はそれくらい、と諦める稲子。喜八はそんな彼女の逃げ出したいという本心を引き出し、閉ざされた家から連れ出した。

結婚を止める唯一の方法は、奇書『電氣目録でんきもくろく』を探し出すこと。それは喜八が幼い頃に書いた電気に関する予言書で、かつて兄?清六せいろくが持ち出して行方知れずとなっていた。喜八と稲子――二人は『電氣目録』を探し、京都?滋賀の地を逃げ回る。

消えた『電氣目録』。そこに隠されていた秘密とは――。

CHARACTER

CHARACTER

登場人物

新京極通りにある蓬莱ほうらい仏具店で働き、機械修理も受け持つ電気をこよなく愛する少年。15歳。かつて大阪で開催された第五回内国勧業博覧会で、電気で動く近未来の機械たちに魅了され、電気に興味を持つ?!付兰oは電気の世紀」だと信じて止まず、未来の電気の発明品を妄想した『電氣目録』を執筆した。実家はお寺だが、神仏を信用できなくなって父と大喧嘩し、家を出ている。暗いところが大の苦手。

京都の伏見にある百川酒造の次女として育った。15歳。純粋で活発な性格だが、どんくさいあまり失敗も多く、いつも父の甚右衛門から叱責されている。何でもできる姉と比較してしまい、自分の存在を悲観している。神仏を信じて止まず、何か困った時には伏見稲荷の阿久火あくび大明神に手を合わせに行く?!感扭袱毪长趣·瓯工隈?。素手での鼠捕りだけは誰にも負けない。

稲子の姉。20歳。 稲子とは対照的に、大人びており何でも卒なくこなす才色兼備な女性。幼馴染の陸は婚約者であるが、顔を合わせれば口喧嘩ばかりしてしまう状態で、現在結婚は保留となっている。彼女の着る白絣しろがすりとその長く艶やかな髪は稲子の憧れ。酒蔵に生まれ育ったが、酒の匂いが苦手。

大津の米穀商?陸恒吉商店の次男坊。24歳。 真面目で正義感が強く、稲子からは兄のように慕われている?;榧s者の規子とは犬猿の仲で、規子の口の悪さにはいつも閉口している。日露戦争時には180cmを超える巨躯とその猪突猛進な戦い様から「陸蒸気おかじょうき」とあだ名されたほど?,F在は救世軍の活動を手伝うなど、慈善活動に精を出している。

喜八の兄。精悍としているが、細い体つきでいつもへらへらしている。人をからかうところがあり、喜八には「嘘つき」と警戒されている。喜八に電気の魅力を教えた張本人であり、神仏への疑念や自由奔放な振る舞い方も彼譲り。高いところが大好きで、夢はエッフェル塔に登ること。喜八が父に燃やされそうになった『電氣目録』を預かった。

SPECIAL

SPECIAL

スペシャル

BOOKS

BOOKS

書籍情報

二十世紀電氣目録

  • 著者:結城 弘
  • イラスト:池田和美
  • 美術?背景:長谷百香
  • 発売日:2018年8月10日
  • 価格:648円(本体)+税
  • ISBN:978-4-907064-88-4